2017年11月20日

男性の恋愛依存症の特徴

恋愛依存症には男性のケースもあるようですね。
殆どの場合、恋愛依存症は女性に見られるようですが、男の人でも恋に夢中になるあまりに、自分を見失うことがあるのでしょう。
昔、私の知り合いにも、男の恋愛依存症ではないかと思えるような人がいました。
とにかく、私の友人の話を聞く限りだと、常に二人で一緒に行動するのだとか。
この男性の行動、恋愛感情がお互いにあるから恋人同士でしょうが、恋愛感情がなければ、重度のストーカーでしょうし、男の恋愛依存症だと思ってしまいますね。
当然、別れたほうが良いとアドバイスはしたのですが、彼女の方には、全く別れる気が無いんですよね、洋服を切り刻まれているのにも関わらず。
私と遊ぶときにも、必ず、彼は付いてきていましたから、男の恋愛依存症の行動のように思います。
私と友人と2人きりで話すということも許されず、ファミレスで常に同席していました。
私の女性の友人が通勤する際には、その男性は必ず送迎をし、昼休みなどは、毎日とまではいかなくても、頻繁に会社までチェックを入れに来ていたそうです。
友人は恋人同士だから良いかもしれないけれど、私としては、せっかく友人と二人で世間話をしたいのにとキレる寸前。

恋愛依存症の男なのかもしれないと思ったら、インターネットで調べてみましょう。
男だからといって、女だからといって、恋愛依存症にならないわけではないのです。
嫉妬の程度が、笑って済ませられる軽い程度の嫉妬なら良いのですが、洋服ダンスの洋服を切り刻まれるぐらいの男の恋愛依存症では、たまったものではないでしょう。
彼女も、洋服を切り刻むような彼氏に依存している恋愛依存症なのでしょう。
彼の束縛を受けることに、自分は愛されていると考え、しかも、自分がいないと彼は駄目になると考えているのが恋愛依存症なのかもしれません。

恋愛依存症の原因は、男でも、女でも、恋をして相手に依存することにあります。
もちろん、名前を知られること無く利用できますから、ぜひ、男の恋愛依存症かどうかをチェックしてみてください。
posted by トリトン at 22:22| Comment(0) | 寂しがり屋に多い恋愛依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。